余裕の現状維持!私が太らないためにやってる門外不出の裏技

MENU

ダイエットにおいて欠かせないのが食生活の見直し。ダイエットをするときに食事制限をされる方は多いですが、「食事制限」と「食生活の見直し」は全くの別物です。


食事は食事量を減らす・制限することで空腹感との戦いになるのに対し、食生活の見直しは基本的には栄養バランスを整えながら食事を摂ることなので、単なる食事制限よりもラクなところがあります。


それでも食べてもいいもの、食べてはいけないものは把握しなければなりません。昔からダイエット食としてすごく人気なのが「ダイエットスープ」ですね。


色々なメーカーからダイエットスープが発売されているのですが、量が少ない割に高いと感じている方は多いのでは?決してコスパのいいものではありません。


そこでここでは自宅で簡単に作れるダイエットスープのレシピをご紹介します。太らないスープどころか脂肪をガンガン燃やしてくれるスープもご紹介しちゃいますので、ぜひ作ってみてください。





安いお野菜を使った低カロリースープ(7皿分)


  • レシピ

タマネギ大:3個
セロリ(葉を除く):1本
キャベツ大:1/2個
トマト大:3個
ニンジン:1本
ピーマン:1個
ショウガ:1片
天然塩:少々


水:2〜3L
かつお節:10g
鶏がらスープの素:小さじ1
コンブ:適宜


  • 作り方

1:野菜を好みの大きさに切る。

2:切った野菜と水1Lを入れ中火で20分ほど煮る。(水が減ってきたら少しずつ水を増やす)

3:味付けには塩、そして脂肪燃焼効果のあるおろしたショウガを入れる。(食用油は使わないように)これで完成です。


  • ダイエット効果

トマトのリコピンは代謝向上にいい


使う野菜はタマネギにセロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンです。ここでポイントになるのはトマトとタマネギです。トマトに含まれる「リコピン」は悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにすることから代謝を良くするのにすごくいいと言われています。キャベツは食物繊維を多く含みます。食物繊維は整腸作用を高める働きがありますので、お通じのサポートに役立ちます。つまりを解消して、ぽっこりお腹を引き締めたい方におすすめ。





メタボ解消豆乳スープ(2人分)


  • レシピ

豆腐:半丁
大豆水煮:30g
ネギ:1/2本
ニンニク:1片
シイタケ:2枚
ニンニク:1片
ショウガ:1片
こしょう:少々
天然塩:少々


豆乳:200ml
コンブ:適宜


  • 作り方

1:シイタケとネギを薄切りに、ショウガとニンニクはすりおろす。

2:水200ccで昆布ダシをとり、シイタケ、ネギ、ショウガ、ニンニクを加える。

3:最後に豆乳とミキサーにかけた豆腐と大豆水煮を入れて、塩とこしょうで味付け。



  • ダイエット効果

大豆はタンパク源


豆乳は良質なタンパク質が含まれます。タンパク質は筋肉をつくる働きがあり、代謝のいい体を作るのに欠かせません。豆乳以外にも豆腐や大豆の水煮も使いますので、一度に多くのタンパク質を摂取できます。脂肪燃焼、発汗作用のあるショウガを使ったり、新陳代謝を促すニンニクも使いますので、メタボ対策にすごくいいです。あまり知られていませんが、シイタケもコレステロールを下げる働きがあったりして、メタボ対策にいいと言われています。





脂肪ガンガン燃焼トウガラシスープ(2人分)


  • レシピ

鷹の爪:2本
ワカメ(塩漬け):30g
ニンニク:1片
ゴマ:大さじ1
薄口醤油:小さじ1/2


水:400ml
酒:小さじ1
鶏ガラスープの素:小さじ2


  • 作り方

1:薄切りにしたトウガラシとニンニクをごま油で弱火でニンニクに色づくまで炒める。

2:水で洗ったわかめを入れ、さらに炒め、水400ccを入れる。

3:最後に酒、鶏がらスープの元、醤油をお好みで入れたら完成。


  • ダイエット効果

トウガラシは脂肪燃焼にいい


トウガラシを食べると体が熱くなりますよね。発汗作用を高めることで知られていますが、トウガラシに含まれるカプサイシンという辛味成分が脂肪の燃焼を促してくれると言われています。また、血糖値の上昇を抑える働きもありますので、体脂肪をつきにくくするような働きもあります。トウガラシはそのままでは食べることが難しいのでスープで摂るというのが一番理想的です。アドレナリンを分泌させ新陳代謝を促すニンニクも使っているので、冷えを感じやすく代謝が低下しやすい時期にとてもおすすめできるスープとなっています。