余裕の現状維持!私が太らないためにやってる門外不出の裏技

MENU

「睡眠がダイエットに関係あるわけない!」と思っている方はすごく多いです。実際に今もまだ信じられないという方が多いのでは?「よく寝るやつほど太る!」なんて思っている方もいるでしょう。


これから説明する内容を見ていただければ、ダイエットと睡眠がいかに深い関係にあるのか、一目瞭然です。知らないと本当に損をしてしまうので、早速、ダイエットと睡眠の関係性について詳しくみてみましょう!





睡眠不足の方は太りやすくなってしまいます


コルチゾールは睡眠不足の際に分泌されるホルモンで体脂肪を蓄える


現代人は睡眠時間が短くなってきています。仕事で忙しかったり、趣味の時間を大切にしていたりすると、どうしても睡眠時間は削られてしまう傾向にあります。


睡眠時間が短くなることでストレスを感じた時に分泌される「コルチゾール」というホルモンが分泌されやすくなるのですが、このコルチゾールは脂肪を溜め込む働きがあると言われているのです。


睡眠中は成長ホルモンが分泌されるのですが、成長ホルモンは新陳代謝をよくしたり、脂肪の燃焼を促す働きがあると言われていますので、睡眠不足の方は、まずはしっかりと睡眠時間を確保するということが大事になってきます。理想的な睡眠時間は7時間だと言われています。





寝るタイミングは睡眠のゴールデンタイムを狙うこと


睡眠は22〜2時の間にとること


理想的な睡眠時間は7時間です。では、夜中の3時に寝て10時に起きる、夜中の5時に寝て昼の12時に起きる、なんて睡眠でもいいのかというと、そうではないですね。


お肌と同じように、睡眠にもゴールデンタイムがあり、睡眠のゴールデンタイムは22時〜2時の間の4時間程度だと言われています。なので、このゴールデンタイム(22〜2時)に寝始めるということが成長ホルモンをよく分泌させるためにとても大切になってくるのです。


寝る時間と寝るタイミングに気を使うようにすることで、太りにくい体をつくり上げることができます。


朝日を浴びるということも実はとても大事。朝起きてから、カーテンを開け、朝日を浴びることで体内時計を整えることができますので、その日の眠りをよくするきっかけにもつながるのです。睡眠は1日の始まりからすでに始まっている、ということです。





睡眠時間よりも睡眠の質を高めることが重要


睡眠は時間ではなく質を高めること


睡眠が大事と言われると「睡眠時間をたくさんとればいいんだ」と思ってしまう人が多いです。たしかに睡眠不足になるよりはいいかもしれません。でも、ここでいう睡眠の大切さは、単純に睡眠時間を長くとることではなく、睡眠の質を高めてあげることです。


もう少し具体的に説明すると、深い眠りにつくことが大事になってきます。深い眠りにつくためには、眠る前から準備をしなければなりません。例えば、寝る1時間ぐらい前にベッドに入り、体を休息させることで、睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されやすくなり、寝付きがよくなります。


トリプトファンと呼ばれるアミノ酸を多く含むホットココアを飲んであげたりするのも、睡眠ホルモンであるメラトニンを増やすのに効果的だと言われています。


また、寝る前は照明を間接照明にしてあげたりすると副交感神経が優位に立ち、リラックスでき、寝付きをよくしてくれます。睡眠の質を高める方法はいくつもあります。





関連記事


食べて痩せたいなら食事前にあるものを飲むべし