余裕の現状維持!私が太らないためにやってる門外不出の裏技

MENU

「日本人は姿勢が悪い人が多い」と外国人はよく言います。アジア人の区別はできない、なんてことがよく言われていますが、アジアで暮らす外国人に話を聞いてみると「猫背なのはだいたい日本人」と答えるそうです。座っているときはもちろん、立ち姿勢でも背筋が曲がっている人が多い印象があるようです。


姿勢が悪いと見栄えがよくないのはもちろん、実は体型を悪くしてしまう原因にもなります。姿勢が悪いということは損しかありませんので、姿勢は直したいもの。


ここでは悪い姿勢がもたらす体への悪影響、そして悪い姿勢を克服する方法を伝授します。





姿勢の悪さが引き起こす悪影響


お腹を気にする男性と体重計にのって驚く女性


姿勢が悪いことの一番のデメリットは、血流を悪くしてしまうことです。姿勢が悪いと体がゆがんでくるため、血液の流れが次第に悪くなってきます。血流が悪くなると代謝が下がるとよく言われますね。代謝が下がると脂肪が燃焼されにくくなったりしますので、痩せにくい体になってしまうといえるでしょう。


また、老廃物の排出の邪魔をしてしまうので、むくみになりやすくなることも多いです。女性にとって困るのが、お肌にも悪影響を与えてしまうことです。血流が悪くなることでお肌がくすんでしまったり、お肌の新陳代謝が落ちて肌トラブルに悩まされやすくなる可能性があります。


姿勢が悪いと悪影響ばかり与えます。メリットといえば、その姿勢のほうがラクだと感じることぐらいでしょう。





太らない姿勢を作るための改善策まとめ


姿勢の悪さがダイエットに悪影響だということはわかったと思います。姿勢は自然と身についてしまったりするものですから、意識をしないと改善は難しいです。でも、絶対に直せない問題ではありません。姿勢の悪さを改善させる方法をまとめておきましたので参考にしてみてください。




椅子+クッション


姿勢が悪くなりやすいのは椅子に座っているときです。事務仕事だったりすると1日の1/3を椅子で過ごしてしまうことになります。そんなとき、腰の後ろに小さめのクッションを入れる、これだけで良い姿勢を簡単に保てるようになります。長時間座るとお尻が痛くなる場合は、座面のクッションの弾力が弱い可能性が高いので、お尻の下にもクッションを敷いてあげるとよいでしょう。



歩くときは胸を張る


歩く時は胸を張る


歩き姿勢も、姿勢を改善させるのにはすごく大事。ポイントになるのは後傾にも前傾にもならないこと。日本人は特に前傾の方が多いので、胸を張って歩くことを意識してみましょう。胸だけでなく、お尻にも少し力を入れて歩くようにすると、胸を張って歩くことができるようになります。



片足で立たないようにする


信号待ちをしているときなどに、癖で片足で立ってしまう人がいますよね。片足に体重をかける癖がつくと、そちらの方向だけに力がかかってしまい、筋肉のバランスがおかしくなって、全身に歪みが出てきます。ビジネスバッグやトートバッグなど片手に荷物を持つ場合も片足に体重をかけてしまうため、リュックにするなどして、片方だけに体重がかからないように注意しましょう。信号待ちの場合は、肩幅程度に足を開いて待つことで片足へ体重がかかるのを予防できます。



ストレッチ


ストレッチ


姿勢が悪いのは体の硬さが原因になっていることもよくあります。体を柔らかくするにはストレッチが有効です。背中や腰を中心としたストレッチをしてあげることで、硬さがほぐれ、姿勢が整いやすくなります。ストレッチは血行のいい状態で行うと効果的なので、お風呂あがりにやってあげるといいです。1日5分でいいので毎日行ってあげることが大事です。



骨盤トレーニング


姿勢の悪い人に良く見られるのが骨盤の歪みです。壁に背中を付けて両足を前に出して座った時に、両足どちらかのつま先が大きく外側に傾いている場合は、傾いている方の骨盤が歪んでいる可能性が高いです。骨盤の歪みは姿勢の悪さにつながります。膝にクッションを挟んでそのまま屈伸運動をするトレーニング、お尻を地面につけて座った状態でお尻だけを使って床を歩くようなトレーニングをしてあげることで骨盤を鍛え、歪みを解消させることができます。骨盤矯正ベルトを使ったりするのもいいでしょう。